無垢フローリングとは

無垢フローリングとは

無垢フローリングは、無垢の木材で作られたフローリングの事です。
無垢の木材は、集成や積層などの木を継ぎ足す加工を施していない木そのものの事を言いますが、実際には大きなパーツを組み合わせた木材加工品も無垢と
呼ばれます。 集成材や積層材が無垢と呼ばれる事もあるのできちんとした定義は定まっていません。

断面を見て単一の木材から出来ているものが無垢フローリングと呼ばれ、
スライスや鋸挽きした板材を重ね合わせたものを複層フローリングと呼ばれて
います。 また、竹フローリングのように断面の縦方向に継ぎ足しを行っている
ものも無垢の部類に入れられる場合もあります。

無垢フローリングは天然物にほとんど加工を加えない自然素材です。
合板フローリングには出せないような風格や本物感があり、家の内装に特に
こだわりたい方にはおすすめです。 ただし天然物であるが故に、反ったり隙間がすいたり、膨れたりしてしまう事があるので注意が必要です。
また、メンテナンスも大切で、水をこぼしたらすぐに拭くような気遣いが必要になります。

最近は、基材は合板で、表面に厚めの無垢板を貼るフローリングが登場して
います。 1ミリ~6ミリ程度の無垢板を貼ることで無垢とほとんど変わらない
風合いでありながら、収縮や膨張がしづらいという特徴があります。
厚めの無垢板を用意することは手間がかかり、費用もかかりますが、貴重な森林資源を考えると、植林しづらい広葉樹はこのように延命することは必要だと
いえます。